事例検討会 時々ブログ

2014.05.03

第5回検討会 ~アトピーでのお悩みごと~

第5回はアトピーについてのお話を皆さんとしていきたいと思います。

疾患数としてはとても多く、ほぼ全ての方がどこかでお会いしたことがあると思います。僕も昔の彼女がアトピーでした。すいません、関係ないですが。

出現する箇所により、精神的受容のしづらい方や出産しお子さんがアトピーであったり、思春期の方の方で悩んでいる方など多くいらっしゃると思います。

そこで今回はどの様なことに悩んだ、こんな工夫をしたなどお話頂けたらと思います。もし、これをご覧の方で化粧品会社の方やそれに類似するかたなどいらっしゃいましたら、積極的な発言を宜しくお願いいたします。

~アトピー性皮膚炎~

○どんな病気??

アトピー性皮膚炎は、良くなったり(寛解:かんかい)悪くなったり(増悪:ぞうあく)を繰り返す、かゆみのある湿疹を特徴とする皮膚疾患です。多くの患者さんは皮膚が乾燥しやすい素因(ドライスキン)とアトピー素因(アレルギーを起こしやすい体質)をもっています。

○経過と罹患数

アトピー性皮膚炎は、かつては乳幼児期特有の病気で、「2歳で半分の患者さんが治り、10歳でさらに半分が治り、18~20歳でほとんど治る」といわれていましたが、 実際はその年齢になっても治らない患者さんや、一度治っても成人してから再発する患者さんもいます。

現在、20歳以下のおよそ10人に1人がアトピー性皮膚炎であると推測されています。

○どうして起こるの?

アトピー性皮膚炎の原因ははっきりと分かっていませんが、遺伝による体質に、環境などが強く関係して発病すると考えられます。それぞれにはアレルギーに関係するものと、それ以外のものがあります。これらは、発病のきっかけになると同時に、症状を悪化させる原因にもなります。

アステラス製薬さんのサイトにまとめが載っているのでご参照ください。

https://www.astellas.com/jp/health/healthcare/ad/index.html

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

ページの先頭へ